toggle
2016-06-16

旅の終わりに

自宅に帰ると、生徒と父母が飛び出してきた。お帰りなさいと迎えてもらえるありがたさ!
旅行カバンを開けると、鮮烈な菩提樹の香り。まだ生きてる、そう思って早速取り出し水に生ける。戻ってこないときへの思いが溢れ出す。それを眺めながら、お茶の時間。猫が足元にすり寄ってくる。
明後日の準備に取り掛からねば!

旅の終わり

2旅の終わりに

関連記事